らくだ整骨院BLOG

2016年2月15日 月曜日

腰が反れないと日常生活に支障をきたす!


こんにちは。らくだ整骨院です。



多くの場合、反れない腰が慢性腰痛やぎっくり腰の原因になります。

そこで、腰を反れるようにしていくことが、治療の基本です。

 

でも、そもそもなぜ腰の反りがこんなにも影響してしまうのか?

「そんなに腰を反る瞬間ってあるかなぁ?」と疑問もわいてくるかもしれません。

結論から言ってしまうと、腰を反る場面は日常的に行っている!ことが普通です。

 

立ち上がる、起き上がる、踏ん張る、方向転換をする、といった瞬間的に大きな力が必要な時に腰は反ります。

あらゆる動作の動き始めにはほぼ無意識的に腰の反りが伴うと言っても過言ではありません。

これは、ほとんどの脊椎動物にもみられる動きなので、考えてどうこうする動きではないんですね。

 

反れない腰というのは、日常生活において普通の動きをするだけで負担が掛かってしまうのです。

それが、ぎっくり腰のように急激に痛くなるか、慢性腰痛のようにしつこく痛いかの違いでしかないないのですね。

 

当院では、反れなくなった腰は治療できます。

当院では、反れなくなったかどうかも鑑別できます。

症状の出ない体、根本改善をご希望の方はご連絡お待ちしております。


投稿者 TSK整骨院グループ